メインメニュー
adminさんの日記

古民家−1
次の日記
投稿日 2010年06月11日12:04    カテゴリー  建築徒然(つれづれ)
皆さんはご存知ですか、新築住宅着工件数は3年連続増加しているのですよ。

 平成16年は1,189,049件、平成18年は1,236,122件、実に5年ぶりに120万戸台を回復し、その内訳をみてみますと、軸組木造住宅が426,298件で第1位なんですよ。

 一口に軸組住宅と言いましても、在来木造住宅とか、本格的木造軸組住宅とか色々な形式があります。おおまかに言いますと、昔ながらの大工さんの手刻みによる加工を行い、筋交いではなく貫材を使用した住宅、同様な加工を行いながら筋交いを使用した住宅、大工ではなくコンピュターにより加工を行い、筋交いを使用した住宅に分類できるかも知れません。変わったところでは、柱を数多く並べて壁として使用した建物とか、鉄骨の変わりに木材を使い、溶接の替わりに特殊金物と接着剤で固めた建物もありますが、これは少数派だと思います。

 近頃は流行なんでしょうか、古民家再生とかいう言葉がよく聞かれます。古い建物を再生して使用する訳ですが、もちろん大工さんが手刻みで加工を行い、貫材を使用して土を使って壁を造ってある建物がほとんどです。

 現代の建物は、スクラップandビルドの流れでしょうか、平均寿命は24〜25年と言われています。短いですよね。構造的寿命ではなく、社会的寿命もあるかもしれません。

田舎に行きますと築50年は当たり前ですし、100年近く前の家もあるような気がします。勿論新築当時のままではありません。屋根瓦を葺き替えたり、トイレや風呂、台所もきれいにしてあります。何も問題はないようです。古い建物は、柱や梁が丈夫ですし、壁も少ないので改造しやすいのですよ。本来住宅はその時々の生活様式に対応して変化させていけば、50年100年とその寿命を延ばす事が出来るはずですし、一番建物にとって悪いのは人が生活しなくなり、換気がとれなくなることではないでしょうか。

有限会社 野中建設 野中誠二


コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。


6月のカレンダー
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

カテゴリー
建築関連ニュース(0)
建築徒然(つれづれ)(7)
その他(0)

アクセス数
66287 / 日記全体

最近の日記
見学してみてください 【千代の園酒造蟷務所編】
ある古民家の工事―2【根継ぎ】
ある古民家の工事―1 【根継ぎ】
家作りに思う事 2010年9月
古民家−3
古民家−2
古民家−1
もっと...

最近のコメント
コメント一覧

各月の日記
2010年10月の日記
2010年9月の日記
2010年8月の日記
2010年7月の日記
2010年6月の日記

RSS配信
adminさんの日記

Nonaka Construction© 2010- 有限会社 野中建設

建築専門検索「住まいの匠」サーチ

OCEAN-NET